社会保険労務士になるための方法は?

社会保険労務士という職業は、労働問題や年金問題、社会保険のエキスパートである。
現在わが国では高齢化に伴い、年金問題が深刻化されているため、この職業は、通信講座または各種専門学校などでも人気の高い職業と言える。
まず、試験に合格しなければならない。
学歴や資格で受験資格をクリアできれば毎年一回ある試験を受けることができる。
試験は大きく分かると「労働保険」と「社会保険」この二つのジャンルから全八科目から出題される。
専門的な知識を有する。
現に毎年約五万人の人が受験しているが、合格率は約10%である。
その点から見ても、難易度が高い資格と言えるが、この試験は合格定員数が決められている大学受験などとは違い、明確な合格ラインが設けてあり、その点数以上を取れば何人でも合格することができる。
つまり合格ライン以上の点数を取れるように知識を身につければいいのだ。
難関な試験に合格したからといって、すぐに社会保険労務士になれるわけではなく、登録するためには二年以上の実務経験か、それがなければ事務試験講習を受講しなければならない。
そのどちらかを満たし登録申請後、約一ヶ月で社会保険料労務士として登録が完了となる。