スターカードローンの返済日が過ぎてしまった時はどうする?

スターカードローンの返済期日は毎月4日となっていますが、この日までに返済できずに返済期日が過ぎてしまった場合にはできるだけ早く必要な返済額を入金する必要があります。
返済日が過ぎてしまうと一日ごとに遅延損害金というものが加算されていきます。
ですから返済日が過ぎたとしても、そのあとすぐに行動するかどうかで遅延損害金として支払う額が大きく変わってきます。
スターカードローンの場合であれば、約定返済の返済方法は口座引き落としのみとなっているので、そこにその月の利用残高に応じた返済額を入金すれば、その時点で遅延損害金が加算されることはなくなると思われます。
カードローンを利用してかかるのは利息だけで、本来かからない遅延損害金を払うのは馬鹿らしいので返済日には確実に入金しておくようにしましょう。
じぶん銀行カードローン利用限度額、利用可能額は?【即日審査】