水がピンチ?食あたりも?

食あたりは何故、起こるのでしょう!?殆どは、食べ物に含まれている細菌によって引き起こされると言います。
また、どのような食べ物が原因になるのでしょう!?食中毒を起こしやすい食品については、生鮮食品が挙げられます。
それが多くなります。
肉類、魚介類などを生で食べる場合に起こりやすいとも言えます。
これは食べ物に含まれている細菌が熱を加えないので生きたまま口の中に入ります。
それで細菌種類によっては含まれる食べ物が異なりますよね。
『カンピロバクター』肉類、生乳、飲料水などに多いです。
ですから、ペットからの感染例もあります。
『腸炎ビブリオ』これは海からとれる魚介類に含まれています。
すし、刺身などを食べた時に起こることがありますね。
(汗)(汗)それから、サルモネラ菌は、牛肉、鶏肉のたたき、卵、レバー刺しなどに含まれています。
いずれにしても生で食べる機会が多いものですね。
それが食あたりの原因となる事が多いようですね。
(汗)次に加熱しても食中毒となる場合があります。
※この「O157」は、腸管出血性大腸菌と呼ばれてもいます。
これは牛肉とか、サンドイッチ、ハンバーガー、ローストビーフ、サラダなどに含まれています。
このように、どのような食材で食あたりの原因となるかはわかりません。
(汗)食べる時の見た目、また臭い、味などで細菌がいるかどうかを判断することは不可能と言うことになりますね。
(汗)
水道水が不安...?おいしさ・安全性の信頼性【ウォーターサーバーどう?】